2008年10月01日

佐山サトル プロフィール

リングネーム 初代タイガーマスク
佐山聡
佐山サトル
サミー・リー
ザ・タイガー
スーパータイガー
タイガーキング
ザ・マスク・オブ・タイガー
本名 佐山聡
ニックネーム 四次元殺法
伝説の虎
天才
身長 168cm
体重 112kg
生年月日 1957年11月27日
出身地 山口県下関市
所属 リアルジャパンプロレス
スポーツ歴 柔道
レスリング
キックボクシング
トレーナー アントニオ猪木
山本小鉄
藤原喜明
カール・ゴッチ
デビュー 1976年5月28日

プロレスラーとしての佐山聡

若手時代

1975年7月に新日本プロレスに入門、1976年5月28日に魁勝司戦でデビュー。

1978年にメキシコへ渡り、「サトル・サヤマ」のリングネームで活動。
NWA世界ミドル級王座を獲得するなど活躍した。

1980年にはイギリスへ渡りブルース・リーの従弟こと「サミー・リー」のリングネームで東洋武術を彷彿とさせるスタイルのプロレスラーとして活躍した。


タイガーマスク時代

海外遠征から帰国後、梶原一騎原作の人気漫画『タイガーマスク』から現実のヒーローとして、新日本プロレスに彗星のごとく登場。
初代タイガーマスクとしてのデビュー戦は、1981年4月23日蔵前国技館に於けるダイナマイト・キッド戦。

新日本プロレス伝統のストロングスタイルをベースに、全米プロ空手流の打撃技と武者修行先で培ったルチャリブレ(メキシコ式プロレス)の空中殺法とを織り交ぜた革新的なレスリングスタイルは、全国的に空前のタイガーマスクブームを巻き起こした。
そのファイトスタイルは、実況の古舘伊知郎によって「四次元プロレス」、「四次元殺法」と形容される。

この頃の代表的なライバルは、ダイナマイト・キッド、ブラックタイガー、小林邦昭、など。


引退

1983年8月4日に奇しくもデビュー戦と同じ蔵前国技館で行われた寺西勇戦終了後の8月10日、新日本プロレスに契約の解除を一方的に告げ、突如引退を宣言。

新日本プロレスの看板レスラーであるアントニオ猪木を凌ぐほどの人気を獲得していたが、新日本プロレスでの活動には突然終止符が打たれた。
posted by チャンネルNAVI at 21:26 | プロフィール

spacer.gif